2006年11月07日

100%?リサイクル内装材チャフウォール!!

banner.gifにほんブログ村 環境ブログへ

チャフウォールとは?

内装壁仕上材のこと

原料が

ゴミとして排出されている

ホタテ貝殻⇒年間15万トン

モミガラ⇒年間260万トン


資源を有効にリサイクルしています


その期待される効果は

化学物質低減作用
空気中にの有害化学物質を吸着・分解

下地から放出される化学物質の封じ込め


シックハウス対応
シックハウス症候群(化学物質過敏症)の原因物質

ホルムアルデヒドを1/120に

VOC(揮発性有機化合物)を1/3以下に

減少させるそうです


消臭
タバコやペットの臭い、各家庭特有の生活臭の消臭


吸放湿
(呼吸する内装材?ですね)
吸放湿性にすぐれ

通気性と併わせて室内の結露防止と保温の効果


抗菌
高い抗菌効果を持ち、カビ・ダニの発生を防止


防火
耐火性能に優れています

ホタテ貝穀⇔⇔不燃性

モミガラ⇔⇔準不燃性の防火性能試験に合格




リサイクル優良製品じゃないでしょうか!!


情報ソースは
日経BP 2006年11月6日 9時1分
http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz06q4/517317/

天然健康内装材チャフウォール
http://www.j-chaff.com/chaffwall/chafdata1.htm







人気blogランキングに参加中です。よろしかったらクリックおねがいします。
banner.gif


にほんブログ村の環境ブログにも登録中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
にほんブログ村 環境ブログへ


環境特捜隊 HOME TOPは、こちらから






posted by カルマ馬場高田 at 00:47| Comment(49) | TrackBack(5) | リサイクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

陶器はリサイクルできるんですね〜!!

banner.gifにほんブログ村 環境ブログへ

完全に目から鱗・・・
状態でした

割れたり、古くなったりした不用陶器



リサイクルしている企業が

あるんですね


情報ソースは

PJニュース 2006年10月03日06時06分
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2522906/detail


現行で公的にリサイクル回収しているのは、

多摩市、多治見市、所沢市、牛久市だけですが

引取して、リサイクルに応じているのが、

多治見市の陶土製造会社だけということですから。

急速な広がりということには

ならないでしょうけど

陶器産地では原料となる土の枯渇化も叫ばれているらしく・・・

明るい兆しでは、ありますよね





参考サイト

One Dish Aid
http://onedish.net/

グリーンライフ21
http://www.gl21.org/

多摩ニュータウン環境組合リサイクルセンター
http://www.tama-seisokojo.or.jp/center_top.html

食器リサイクル全国ネットワーク
http://www.renpou.org/ochawan/index.html






recycle books


recycle best sellers books






人気blogランキングに参加中です。よろしかったらクリックおねがいします。
banner.gif


にほんブログ村の環境ブログにも登録中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
にほんブログ村 環境ブログへ


環境特捜隊 HOME TOPは、こちらから







posted by カルマ馬場高田 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | リサイクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

電子レンジでペットボトルのリサイクル

banner.gifにほんブログ村 環境ブログへ



MYブログ「言いたいこと言わせてね」からの転載です。
喜ばしい、記事なので

電子レンジでペットボトルのリサイクル
http://say-say.seesaa.net/article/23484176.html

(読売新聞) - 9月8日23時27分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060908-00000013-yom-soci&kz=sociより全文

ペットボトル、電子レンジで原料に分解

 家庭用電子レンジのマイクロ波を使って、ペットボトルを高速、高効率で原料へと分解する方法を開発したと、8日、崇城(そうじょう)大(熊本市)のグループが発表した。

 ペットボトルの原料へのリサイクル割合はまだ低く、今後企業と連携して実用化に取り組むという。20日から富山大(富山市)で開かれる高分子学会で報告する。

 崇城大工学部の池永和敏助教授らは、ペットボトルを細かく切った破片1グラムを水酸化ナトリウムとエチレングリコール溶液に入れ、家庭用電子レンジで加熱したところ、1分半で原料のエチレングリコールとテレフタル酸に完全分解した。従来の代表的な分解法では、300度以上の高温、高圧にした水を使うが、それに比べ、時間で10分の1、コストは4分の1という。マイクロ波は水の分子を激しく揺さぶって加熱するが、同様の仕組みで樹脂が分解されているらしい。

これは、すごい
早期での一般利用が実現することを願います。



時間的にもコスト的にも
期待度大!!
では、ないでしょうかわーい(嬉しい顔)


ちょうど
エコジローのGO!GO!環境新聞
【第12号】で
「ペットボトル・リサイクルのいま」
http://eco.goo.ne.jp/education/ecojiro/vol12_01.html
と題して特集が、ありますよ
(発行:キリンビール(株)2006年9月7日発行)








人気blogランキングに参加中です。よろしかったらクリックおねがいします。
banner.gif


にほんブログ村の環境ブログにも登録中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
にほんブログ村 環境ブログへ


環境特捜隊 HOME TOPは、こちらから





posted by カルマ馬場高田 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リサイクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。